カジノ ルーレット マーチンゲール法

ボカ・ジュニオルス退団を表明したテベス =Getty Images 2021年にボカ・ジュニアーズを退団してフリーとなっていたテベスは、アルゼンチン『アメリカTV』とのインタビューで自身がすでに引退していることを発表。「もう僕は引退しているんだ。そう認めさせてもらうよ」と語ると、その理由が父親の逝去(2021年2月)にあったことを、涙を浮かべながら説明している。 「引退すると言えるかどうかは分からない。3ヶ月後にはもう一度プレーしたいと言っているかもしれない。だがボカのユニフォームを着ることはない」とテベスは会見で語った。 世界中のサッカーを楽しもう!電子マガジン「ザ・ワールド」のニュースサイトです。 ボカで過ごした最後のシーズンは、テベスにとってとても辛い日々だったようだ。 オンライン スロット 違法 COPYRIGHT copy; 2023 KODANSHA LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ロイター編集 ボカ・ジュニアーズでプレーしていた21年2月、養父がコロナウイルスによる合併症を発症。その後、死去した。アルゼンチンメディアによるとテベスは「自分のNO・1のファンを失ったからサッカーをプレーするのをやめた」と話しているという。 IDでもっと便利に新規取得 Discover Thomson Reuters 2001年、ボカ・ジュニアーズのトップチームでデビュー。2002/03シーズンには南米王者を決める、コパ・リベルタドーレスで優勝。そして2003年にはトヨタカップで来日。ACミランをやぶって優勝!さらに、2004年。アテネ・オリンピックでは、テベスの決勝ゴールでアルゼンチンが金メダル!このあと、ブラジルのコリンチャンスを経て、ついにヨーロッパへ渡ります。